ポケットの中だけではなく、環境への負荷も最小限に。



高知の里山・土佐山にある工房で、耐水性・耐久性のある特殊紙を使って、スリムでコンパクトなミニマリストのための財布をハンドメイドで製作しています。
2018年に創業した小さなブランドながら、これまで北米やヨーロッパを中心に、世界中のユーザーに製品をお届けしてきました。

多くの方々に支持を頂いている理由は、素材自体の薄さと独自のデザインによる、その圧倒的な小ささにあります。
また、革ではなく生分解性のある紙を主な素材として用いており、ポケットの中だけではなく、環境への負荷も軽くなるということも、多くのユーザーに愛されているポイントです。

財布は私達が毎日持ち運ぶ道具の一つです。
小さなことですが、心も体も身軽になるための第一歩として、まずは財布のスリムダウンから初めてみませんか?

Kamino Wallet 代表
山本堪(やまもと かん)

ご質問はお気軽にお問い合わせください。
メール:contact@kaminowallet.com


- - -

オーナー・プロフィール:
1981年高知県越知町生まれ。2003年より渡欧し、スイスでグラフィック・デザイナーとしての修練を積んだ後、ドイツ・ベルリン芸術大学で現代美術を学び、同大学大学院にて芸術学位 Meisterschüler(マイスターシューラー)を取得。2011年に地元の高知県に帰国後、高知市北部の中山間地域である土佐山地域にてNPO法人土佐山アカデミーを共同設立。

現在は、林業とデザインの工房である"Monto Studio"を立ち上げ、木工や炭焼きなど森林資源の活用と、Kamino Walletに代表される実用的でサステナブルな製品づくりに取り組んでいます。